男性子育て日記 

二歳の女の子の父親です。本や登山や趣味の話も綴っていきます

早起きのススメ(子育て男性のつぶやき)

  毎日5時半起き生活を始めて一ヵ月が経った。三日坊主で終わらずに済んだので、記事にしてみたいと思う。

 

 5時半起き生活を始めようと思ったきっかけは、誰にも邪魔されずに、毎日必ず利用できる、自分だけの時間が欲しかったからだ。仕事がある日も、週末の主夫の時間も、家族と一緒にいる時間は、家族の時間を優先したい。これは自分の願望である。別に、家族の時間を大事にしろよって誰かに言われたからそうしているわけではなくて、僕自身が今しかない娘との時間を大事に大事にしたいと思ってるからだ。

 

 娘が日々大きくなっていくのを見て、嬉しい反面、寂しくなる。昔の写真を見るたびに、もうあの頃の娘(乳幼児期のアクビした顔やハイハイして歩く姿)には戻れないし、戻らないんだなとシミジミと思う。

 

 大きくなるにつれて、「お父さん嫌い」とか「あっちいって」とか「臭いんだけキモイ」とか言われて煙たがれ、嫌がられ、そして、いつか知らない男性を家に連れてくる日が訪れると思うと、寂しさのあまり泣けてくる。実際は泣かないけど、今という時間を大切にしたいと切実に思う。

 

 家族の時間は大事。でも自分の時間も大事にしたいと思う。これは欲張りだろうか?そんなことはない。やっぱり、趣味は大事にしたい。僕の趣味はいっぱいあるけど日々の生活のQOLを上げるに必須なのが、読書とフランス語学習だった。この二つができる日とできない日とでは、一日の満足度が違う。

 

 朝起きて、朝のコーヒーをセットして、洗濯機を回し、昨日あらった食器を食器棚に戻し、洗濯物をタンスにしまって、できあがったコーヒーを飲みながらフランス語のNHKラジオを聴きながら語学学習をする。終わったら新聞を広げて活字に目を走らせる。しばらくすると娘と妻が下りてきて朝食の時間がスタートする。もうこれだけ一日やりきった気持ちになるし幸せな時間に包まれる。

 

 寒くなってきて、ベットから出るのがシンドク感じるが、これからも続けていきたい。